自分を変えるために習慣を味方につける

自分を変えたいと思っていても

なかなかうまく変えることが出来ない…。

 

多分誰でもそうなんじゃないかと思います。

 

どうして変えられないのか?

 

それは悪い習慣がそうさせているから。

 

ごはんを食べたら歯を磨くなんて簡単なことから

教習所でガチガチに緊張しながら

やっとの思いで手に入れた免許を使って

車の運転をすることなどは

行動の習慣に属している。

 

思考の習慣は

なにかしらの良いことがあっても

単純に喜べる人もいれば

こんな良いことがあったら

もしかしたら次は悪いことがあるんじゃないか…

なんて超ネガティブに考えてしまうのも

その人の持つ考え方の習慣になる。

 

思考の習慣と行動の習慣を変えることで

新しい結果が手に入る。

 

悪い習慣をそのままにして

新しい習慣を上乗せしていけば

だんだんと窮屈になって

結局のところ悪い習慣に負けてしまうんじゃないか。

 

習慣を味方につけるには

時間がかかるかもしれないけど

ひとつひとつ地道に少しずつ習慣を変化させていくしかないと思う。

 

例えば

 

朝起きてすぐに歯を磨くのは

身体に良いらしいということを聞くけど

ごはんを食べる前に歯を磨く必要があるの?

なんて思って食べてから磨くのを続けていれば

新しい習慣を手に入れることはできない。

 

でも

朝の口内は雑菌が増殖していて

歯を磨く前に食事をしてしまうと

その菌もいっしょに食べてしまうことになることを知って

じゃあ朝起きてすぐ

ごはんを食べる前に歯を磨こうと思えば

新しい習慣は手に入りやすい。

 

考え方の習慣でいえば

何事もネガティブにとらえてしまう人がいて

その人がプラス思考をしなくちゃいけないんだ

と思っても結局のところ

プラス思考をしなくちゃいけないと頑張る

でもうまくできないから疲れてしまって

やっぱり私にはプラス思考はできないのか…と

ネガティブ思考に逆戻りしちゃう。

 

でも

言葉づかいを少しずつでも変えていって

ネガティブな言葉を減らしていくことで

思考の習慣も少しずつ変化していく。

 

習慣を味方につけるには時間がかかる。

 

それもそのはずで

今の自分の習慣は過去の自分が積み重ねた思考と行動の結果だから。

 

新しい習慣を手に入れる為には

一気に変化しようとしないで

できることから少しずつでもいいから変えていって

途中であきらめないこと。

 

昨日と同じ考え方をして

昨日と同じ行動をしていれば

今日も明日も何の変化も起きるはずがないから

新しい思考習慣と行動習慣を手に入れて

より良い人生を楽しもう。