言葉のチカラ

言葉の持つチカラを言霊という。

 

日本では、いろんなモノに神が宿るとしているけど

言葉に対してもそんな認識があったんだと思う。

 

言霊の意味を調べてみると

言葉に内在する霊力

という検索結果が表示された。

 

神道でいう祝詞もそうだけど

人が発する言葉にチカラがあるのは間違いない。

 

言霊に関して気になったのは

ある本を読んいる時

『こんど◯◯したい』

じゃなくて

『こんど◯◯しなくちゃ』

ばかりを口にする人がいる

という一文を読んだ時だった。

 

自分が本当にしたいことよりも

義務的なものを優先している。

 

これは自分にも当てはまることだった。

 

自分が本当にやりたいことは後回しにして

やらなくちゃいけないことばかりで

スケジュールを組んでいくから

いつまでたっても本当にやりたいと思うことができない。

 

自分が発する言葉を変えることで

自分の行動や思考も変化する。

 

何かを考える時

必ず言葉で考える。

 

その言葉がどんな言葉なのかによって

自分の思考が良くも悪くもなっていく。

 

そして

行動は思考に影響されるので

行動も言葉次第で良くも悪くもなるということ。

 

こういうところからも

言葉の使い方が大切ということが分かる。

 

言葉を大切に使うことで

ものの考え方が変化して

より良い方向へと進んでいくことが出来そうだ。

 

それじゃあ

どんな言葉を選んでいけばいいのか?

 

マイナスイメージだったり

ネガティブな言葉を使わないようにする。

 

だからといって

それにばかり縛られていては

本末転倒ということにもなりかねないので

少しずつでも言葉を変えていけばいいんじゃないだろうか。

 

有名な斉藤一人さんが

天国言葉を使うことをすすめている。

 

『愛してます』

『ついてる』

『嬉しい』

『楽しい』

『感謝してます』

『幸せ』

『ありがとう』

『許します』

 

この言葉を心がけると

気分もプラスに転じるような気がする。

 

 

言葉のチカラを感じて

日々の生活を送るだけ。

 

それだけで

自分の人生はより良い方向へと導かれそうだ。