すぐやる行動力

行動力があって

何か思い立ったら

すぐに動ける人がいる。

 

逆に

行動力がなくて

何かやろうとしても

出来ない言い訳ばかりを考えて

いつまでたっても動けない人もいる。

 

この違いはどこからくるのか?

 

もちろん性格的な問題もあると思う。

 

行動力のない人は

いつまでたっても行動できないまま?

 

それじゃ困るので

どうすれば行動できるようになるのか調べてみると

自分が行動できないでいる原因として

心当たりがあることがいくつか見つかった。

 

まずは

行動しようと思っても

あれもやらなくちゃ

これもやらなくちゃ

なんて考えすぎてしまって

けっきょく身動きが取れなくなり

何もなかったことにしてしまう。

 

何かやろうと思っても

具体的に何をすればいいのか?

それがわからなければ

行動しようにも行動できない。

 

頭の中では

漠然としたイメージがグルグルと回っているだけで

どうしていいのかわからない状態が続いて

何もしないのに疲れ切っちゃう。

 

そんな時に大切なことは

漠然としたイメージを

具体的なイメージに変えていくということ。

 

自分が行動できるところまで

イメージを細かく分けていくということ。

 

たとえば

口腔ケアは大切だと思ったとする。

 

大切だからケアしなくちゃ

ケアを忘れると虫歯になったり

口臭がひどくなったり

感染症を引き起こしたりしちゃう。

 

いろいろと考えていても

行動しないと何の解決にもならない。

 

具体的にはどんな行動をとればいいのか?

 

まずは

口腔ケアの方法を調べてみる。

 

それを知ったうえで

歯ブラシや歯磨き粉、デンタルリンスデンタルフロスなど

必要な道具をそろえる必要がある。

 

道具がそろったら

口腔ケアの時間をスケジュールに落とし込む。

 

一日にスタートとして

朝起きたら

洗面台の前に立つ習慣を手に入れ

一回目の口腔ケアをはじめる。

 

何も考えることなしに

自分で行動できるところまで

具体的に何をすればいいのかを細分化できれば

行動しやすくなる。

 

そして

 

行動できなくなる原因として

完璧主義に陥ったり

効率を求めすぎてしまったりすることも

あげられる。

 

完璧主義を捨てて

非効率でも行動していくことで

何かしらの結果が出てくるというもの。

 

そこで初めて

もっと良くするためには?

を考えても遅くはない。

 

後は自分自身のイメージ戦略。

 

セルフイメージを自分なりに書き換え

後回しにする習慣を手放して

簡単なことからでも

すぐやる と決めてしまう。

 

そして行動する。

 

これだけで行動力はあがる。